対象疾患

磐城中央病院ウロギネ:女性排尿外来では、尿もれや頻尿、治りにくい膀胱炎などのおしっこに関するお悩みや、子宮・膀胱・直腸など骨盤内の臓器が腟から出てくるの骨盤臓器脱といった女性特有のお悩みを対象としています。女性のデリケートゾーンのトラブルは、なかなか他人に相談しずらく、長年お一人で悩んでいる患者様も多いです。

ウロギネ領域を専門とする医師として最も伝えたいことは、これらは適切な対処を行えば、治癒することが可能であったり、完全に治らないとしても生活に困らないレベルにすることが可能な病気であるということです。一人で悩まず、まずご相談下さい。

​こつばんぞうきだつ

尿もれの診断
骨盤臓器脱

 子宮、膀胱、直腸など骨盤内の臓器が下垂して、腟から出る病気の総称です。
 ピンポン球のようなものが膣から出てきた、立ち仕事をしてたら下垂感が酷くなる、何かぬるっとしたものに触れる、股間には何かはさまっている感じがする、座ると何かが押し込まれるような感じがあるといった症状があります。また膀胱が下がることでおしっこが近い、出にくいといった症状や、直腸が下がることで便が出にくいという症状がでることがあります。

尿もれの種類と治療法
尿もれ

 女性では問題になることが多い尿もれですが、医学用語では尿失禁といいます。女性の3〜4人に1人は経験するといわれていますが、一言で尿もれといっても、いくつかのタイプがあり、それぞれ治療法が異なります。自己判断せずに、気になったら早めに医師に相談してみましょう。

頻尿
過活動膀胱

 急にオシッコがしたくな

って我慢が出来ない状態(尿切迫感)になったり、何度もトイレに行ったり(頻尿)、尿意を我慢できずに漏らしてしまう(切迫性尿失禁)などの状態を過活動膀胱といいます。

 年齢や体質のせいと諦める方も多いですが、治療法のある病気です。放置すると、症状が進行することもあるため、早めに医師に相談しましょう。

間質性膀胱炎

普通の膀胱炎とは異なり、尿の検査に異常がないのに、トイレが近くなったり、膀胱のあたりが気持ち悪い、あるいは痛む病気です。最近は原因不明の「なぞの膀胱炎」などといわれ注目されています。重症になると、痛みが強くなり、治療も難しくなるため、早期対応が大切です。

骨盤臓器脱

こつばんぞうきだつ

膀胱・子宮・直腸など骨盤内の臓器が下垂し、腟から出てくる病気の総称です。
 

股間に何か挟まっている、座ると股間に何か押し込まれるような感じがある、立ち仕事で臓器の下垂感が酷くなる、何か丸いものが膣から出てくる、といった症状があります。

また、臓器が下垂することで尿意の切迫感や頻尿、排便困難などの症状が出現し、進行すると排尿困難感や尿閉(おしっこが全く出せない)などの症状が徐々に進行していきます。

​命に関わる病気ではないものの、生活の質に大きく影響する病気です。症状で困っているという方は、まずは気軽に医師へ相談してみましょう。

骨盤臓器脱について

さらに詳しく解説

尿失禁

にょうしっきん

女性の3〜4人に1人は経験するという尿もれは、医学用語で尿失禁と言います。

 

尿失禁の種類には、1. 腹圧性尿失禁、2. 切迫性尿失禁、3. 溢流性尿失禁、4. 機能性尿失禁などがあり、その原因によって治療法もそれぞれ異なります。

 

「どのような状態になったら、治療を開始すべきか?」と聞かれることがよくありますが、その答えは「尿もれで生活に支障が出ていると感じる状態」になったらです。

目安は、1週間に数回も尿もれがあったり、1日に8回以上トイレに行くことで、生活に支障が出ているなと感じたら、気軽に専門医師に相談してみましょう。

尿もれについて

さらに詳しく解説

ひんにょう

​かかつどうぼうこう

頻尿
過活動膀胱

過活動膀胱とは、急に起こる我慢出来ないような強い尿意(尿意切迫感)を主症状とする症候群です。

正常な膀胱は脳からの指令によって制御されていますが、何らかの原因により、膀胱が制御不能に陥ると尿意切迫感が起こります。

 

通常、頻尿(何回もトイレにいく)や夜間頻尿(就寝後何回もトイレに起きる)を伴い、場合によっては切迫性尿失禁(トイレにたどりつくまでに強い尿意を我慢が出来ずに漏れる)を伴います。

 

年齢や体質だと諦める方も多いですが、治療法のある病気です。まずは気軽に専門医師に相談してみましょう。

過活動膀胱について

さらに詳しく解説

間質性膀胱炎

かんしつせいぼうこうえん

間質性膀胱炎とは、膀胱に原因不明の炎症がおこり、頻尿や膀胱・尿道の違和感、痛みなどの症状を引き起こす病気です。

 

ハンナ型と非ハンナ型に分かれ、ハンナ型では膀胱の内視鏡でハンナ病変と呼ばれる特有の異常がみられます。ハンナ型間質性膀胱炎は平成27年難病に指定されています。

通常の膀胱炎(細菌性膀胱炎)では、尿検査で異常がみられますが、間質性膀胱炎は細菌が原因でないため尿検査に異常はみられません。

尿検査は問題ないのに、膀胱炎の症状を繰り返す方、膀胱の痛みや違和感がよくならない方は、お気軽に専門の医師に相談してみましょう。

間質性膀胱炎について

さらに詳しく解説

磐城中央病院

​ウロギネ・女性排尿機能 外来

お悩みの方はお気軽にウロギネ専門の医師にご相談下さい。

※受診予約が必要です。

外来受付 TEL:0246-53-3511

サイト監修者:磐城中央病院 ウロギネ・女性排尿機能外来 医師 野村昌良

当サイトのコンテンツの無断使用・転載を禁止致します。​

© 2021 Iwaki central hospital urogyne center